読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014淡路島ロングライド走ってきたYO! 楽しかったYO( ・∀・)ノ

  いやいや、すっかり自転車にはいい季節になりましたね。

  なんだか今年の8月9月の週末は曇天ばかりですが、9月13,14,15日は珍しく好天で存分に淡路島ロングライドを走れました。今回はシクロエクスプレスを使ってお手軽お気軽旅。大正解でしたね。ぽいぽいとヘルメットやらシューズやらも自転車といっしょに送れます。同行した友人はフロアポンプも送ってましたw シクロエクスプレスについてはレビューどこかで書きますが、ベンリですよ。

  ということで、リュック1つで新幹線に乗り込み新神戸まで、さらにレンタカーに乗り換えて、淡路島まで行きました。淡路島SAは絶景! そのまま電車で行ければ輪行っていう手でも良かったんですけどね・・・^^;

f:id:Shlike:20140916103124j:plain

  今回宿泊したのは淡路カントリーガーデン。ゴハンも美味しかったし、シクロエクスプレスの受け入れも快諾いただきました。良い宿ですが、如何せん場所が山の上過ぎでして・・・ 150km走った後の、宿までのヒルクライムがいちばんキツかったっす(´Д⊂グスン

f:id:Shlike:20140916104512j:plain

  さて、淡路島ロングライドは前日エントリーなので前入りが基本です。当日は4時開門と聞いていたので、3時半ごろに宿を出発、時間ちょうどくらいには着いたのですが、すでに駐車場はかなりの混み具合。先頭から150人目くらいで、第2グループスタートとなりました。なにしろ2,000人近くいるのでスムーズなレース展開にするためには早めにいくほうがいいでしょう。

f:id:Shlike:20140916103155j:plain

   これスタート手前で待機中。朝焼けキレイやったー。

  気温は18℃くらいでしょうか。半袖ジャージ、ビブショーツにウインドブレイカー+アームウォーマーをしていってちょうど良かったです。そうそう、この大会はずいぶんラフな格好をしている人が多かったです。無地のドライメッシュTシャツと短パン、みたいな。サイクルジャージ着てる人でも地味な人ばかりでした。痛ジャージのボクは視姦されまくり。

f:id:Shlike:20140916103219j:plain

 そろそろスタートが見えてきました。

  4時45分から順次5人3列が30秒間隔でスタートしていきます。ボクがスタートできたのは5時ちょうどくらいだったでしょうか。まずは最初の洲本ASを目指します。洲本までは特になにもなくひたすら平坦。しかし事前調査では大変渋滞すると聞いていましたので、スルーするつもりでしたが、、、

f:id:Shlike:20140916103234j:plain

  途中でお腹が痛くなってトイレ兼ねて洲本AS(28.5km地点)にチェックインしました。梅とじゃこのおにぎりと豚汁が美味かった!

  渋滞などどこにもなく、超スムーズでした。たぶんスタート位置が良かったのでしょうね。それに早いトレインに入ることができた、というのも大きいです。次は灘AS目指しますが、ここまでには1つ峠を超えなければいけません。まあキツいと言えばキツかったですが、所詮すぐに終わっちゃうんで。渋峠に比べれば、、、ねぇ?

f:id:Shlike:20140916103311j:plain

 峠を超えると南淡路水仙ライン。キレイな海岸線です。もっとも交通量が少ないんじゃないですかね。この区間の12kmは超快適で、Ave 30km/hという飛ばしっぷり。トレインに加わり、ドラフティング効果は絶大。ヒルクライム分を取り戻します。

f:id:Shlike:20140916111918j:plain

  はい、灘AS(59.1km地点)到着!

  このあたりになるとだいぶ日が出てきて暑くなってきたので、アームウォーマーを脱ぎます。ドリンクの中身を補給して、煮麺食べます。これうめぇ!温かい素麺ですね。

f:id:Shlike:20140916111929j:plain

  灘ASでは予定よりも45分以上の貯金ができたので、だいぶ心に余裕が生まれます。次の慶野松原ASまではいちばんアップダウンのある区間で、コースのヤマ場と言えるでしょうけども、結局大きな峠ってないんで精神的にはそれほど苦ではありません。キツいですけどね、もちろんw ちょっとの時間ハアハア言ってればすぐ終わります。何度も言うけど渋峠に、、、ry

f:id:Shlike:20140916111947j:plain

  そんなこんなで、はい、慶野松原AS(95.9km地点)到着!

  灘ASでもそうだったけど、ボクの時間がちょうど先頭集団との境目あたりで、トイレ行ってなんかモニュモニュ食べてると、わーっと人が大量に入り込んできます。それで、ヤバイヤバイ波が来た、と思って脱出する感じでした。

  慶野松原ASでは、

f:id:Shlike:20140916112000j:plain

  プリンとか、

f:id:Shlike:20140916112011j:plain

 メロンパンとか、甘いものばかり食べてました。太っちゃうよ・・・^^;

 ログを見ると慶野松原ASでは友人探していたのと、タイムオーバーを気にすることがなくなったので、30分近く長居しています。さすがに長すぎですね。この先の多賀の浜ASまで、もう峠もないし、のんびり走るか、、、と思ってましたが、淡路サンセットラインでは向かい風に捕まって苦労します。トレインに入るもペースが速くて僕の脚力では千切られる・・・の繰り返しで個人的にはいちばんキツかった区間でした。

f:id:Shlike:20140916112025j:plain

  はい、ラストの多賀の浜AS(114.8km地点)にチェックインです。

  ここでは竹ちくわとオニオンスープをいただきます。オニオンスープが美味しかったのです。ここで友人とも合流できました。灘ASまで先頭集団に入っていたらしいのですが、そこでがんばりすぎて足が売り切れてしまったようです。相当気温も高くなってきたので、頭から水を被って、塩だらけになった脚を洗います。ヒリヒリします。焼けてる、、、

 あとはゴールまで30kmほどを流すだけです。疲れよりも朝早かったので眠気が・・・単調な道路が続くので走りながらウトウトしてしまいます。危ない危ない。

f:id:Shlike:20140916115959j:plain

  ってな感じで、無事ゴール!!

  200人以内でした。ドリンクコーナーでもらったキンキンのノンアルコールビールが沁みるぅ!コース難度はさほどでもなくちょっと消化不足な感もありますが、とても充実した大会でした。そしてなによりも快晴に恵まれたのが最高!天気さえ良ければ、雨さえ降らなければ、8割方成功です。楽しかった!

  まとめ 

  • スタート位置が重要!超重要! とにかく早く行きましょう。3時半に準備完了できるくらいで良いです。車は駐車場入れるのかな・・・とにかく早めに!
  • そのためには場合によってはナイトライドするかもしれないです。明るめのライトを準備ください。特に会場まで自走するならなおさらです。
  • 寒暖の差がそれなりにあります。薄手のウインドブレイカーで構わないので防寒対策を。スタート時間早いと待機時間も長くなりますし。
  • ASの他にも、トイレ、コンビニなどはそれなりにありますので、補給は心配することはありませんし、特段事前準備もいらないでしょう。
  • ASでミネラルウォーターは補給できますが(ボトリングも可)、味が単調なので粉末のポカリなど用意するといいです。
  • なんかみんな地味(;一_一) 

Appedix

-----

  ASごとのTLを整理すると、以下のような感じ。ずいぶんハイペースでした(^^) ドラフティング効果が実感できます。

  1. スタート〜洲本AS:28.5kmを1h12min、Ave 24km/h
  2. 洲本AS〜灘AS:30.1kmを1h13min、Ave 25km/h
  3. 灘AS〜慶野松原AS:36.8kmを1h41min、Ave 22km/h
  4. 慶野松原AS〜多賀の浜AS:18.9kmを44min、Ave 25km/h
  5. 多賀の浜AS〜ゴール:30.6kmを1h19min、Ave 23km/h