読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRM212東京600 とことん沖縄 反省会φ(..)メモメモ

概況

  • R東京主催。最初は沖縄くんだりまで行くわけないだろうと、エントリーしつつも内心はDNSする気マンマンだった。ところが日にちが近くなるにつれて楽しみにしている自分に気づくが、そのぶん天気予報は崩れていった。
  • 那覇を起点に沖縄本島東側を一往復して、糸満経由で那覇に戻り、本島西側を一往復するルート。特に往路となる東側は自然景観豊か、と言えば聞こえはいいが、未開地に近い。辺野古以北は民家すらない。
  • 獲得標高は5,150mとあるがダマされてはいけない。特に北部やんばる地方はツール・ド・おきなわのチャンピオンコースに設定されているほど凶悪なルートである。自販機もまばらになるため補給はマメに行う必要がある。標高250m程度だがノコギリの歯のように急峻な峠が続き、夜間はクルマも街灯もないため非常に暗い。トラブルになってもすぐに駆け付けられる場所ではないため落車などしないよう注意されたし。
  • 2月の沖縄は本州とは比較にならないほど暖かった。最低気温でも20度はあったのではなかろうか。しかし天候は不順で晴れ間はほとんどなく、雨こそ降らないもののずっと曇天だった。また海からの風が強く、気力体力ともに消耗させられた。地元民曰く、2月の沖縄はだいたいこんな調子だそうで、特別このときだけ天気が悪いというものではないようだ。

TL

  • 確認中

ウェアリング

  • ヘルメット: KASK MOJITO + ヘルメットライト
  • ジャージ:アソス iJ.インターミディエイト_s7
  • インナー: モンベル ジオライン 長袖ハイネック 薄手
  • ビブショーツ:アソス ビブニッカーtK.607.FI.ミレ_s5
  • グローブ:Shimano フルグローブ(インナー無し)
  • シューズ:アソス LAKE CX402 ワイド
  • レインウェアトップス:モンベル サイクルレインジャケット
  • レインウェアボトム:モンベル サイクルレインパンツ
  1. ウェアリングはこれで全く問題なかった。最低気温が15度くらいまでならいけそう。10度以下でなるようならサイクルレインジャケットはアソスのストームプリンスにすべきだろう。

詳細

  • PC1まではほとんど問題はない。確かに交通量は多いが那覇を抜けるまで。ブリーフィングで沖縄の運転は危険で動きが読めないと注意があったが、それほど気にならなかった。単純に自転車に慣れていないという印象。個人的な運転マナーのワースト1は伊豆大島。あそこに比べればはるかにマシであろう。
  • PC2までは標高100〜250の峠が連続する。イメージは伊豆に近いが勾配がキツく、下りの恩恵も受けづらい。海岸沿いは向かい風がキツく、内陸に入ると坂がキツい。休めるところがない過酷な区間である。
  • 心身ともにヘロヘロになりながらのPC3到着はクローズ30分前。あれほどLAWSONの看板が光り輝いて見えたことはない。休憩して出発したときにはクローズ10分前だった。借金生活に突入である。
  • 那覇まではPC3から約100km。次の通過チェックからも60kmある。なんとかブルベ速度15kmを維持しても6時間以上かかる計算。PC3を出発したのが21時なので到着予定は4時。那覇は4時に出発しないとPC5のクローズに間に合わない。この時点で仮眠時間はおろかホテルに寄って荷物整理する時間が持てるかどうかもビミョウになってしまった。
  • とにかく眠くてペースがなかなかあがらず、260kmほどのうるま市付近で23時をまわってしまう。目の前にあったのは24時間営業のマクドナルド 石川店。なにはともあれ仮眠しようと飛び込んだ。
  • 起きると0時を回っている。PC4までは60kmあるが猶予は3時間しかなく、この時点でDNFを決意した。
  • とにかくこのブルベ、難易度が高いことには間違いない。「沖縄だったら暖かいだろう」と甘い気持ちで行ったことが悔やまれる。充分に鍛えて、シュミレーションを重ねないとクリアは難しいのではないだろうか。
  • とにかくポイントはPC3に20時前に戻ってこれるか、である。これができれば那覇で仮眠できる時間が作れる。しかしここまではもっともキツいやんばる区間を走破しなければならないので、これをどう攻略するかである。
  • 道路状況は想像よりもずっと良く、路面が荒れていることも、轍も少なくとても走りやすかった。素晴らしい。ただ地元民曰く道路にサンゴの成分が混じっていることもあり雨の日はスリップしやすいそうだ。今回は雨はほとんど降らなかったので実感していないが。なお、東側往復でDNFしてしまったため、西側は不明。
  • なんだかんだで雨は降らずじまいだった。グローブからシューカバーまでレインウェアはフルコンプリートしていたが、ただのウェイトになってしまった。仕方ないが。

その他

  • 想像するだに恐ろしいが、もし今回雨だったと仮定した場合、難度はさらにあがるだろう。雨になると沖縄の道は滑りやすいというから落車の危険もあがる。実際に乾燥していれば気にならなかったが。いずれにせよもし北部にいて雨が本降りになったらと思うと…震える

  • 今回はジェットスターで行ったが、手荷物のチェックはかなりいい加減である。重量も大きさもチェックなんかしない。明らかにNGなものを禁止するくらいではないだろうか。あまり気にしないで持てるものを保ったほうが良い。今回重量を気にして荷物を最小限にして滞在中の服に困ったが、そんな必要はなかった。

  • シクロエクスプレスは佐川急便との連携の悪さがあり、復路は手間取ってしまった。時間になっても集荷に来ないのだ。最寄りの佐川急便に問い合わせしたところ、なんと注文が入っていないとのことだった。慌てて集荷に来てもらったが1日ホテルにカンヅメだった。次回からは直接佐川急便に頼むか、時間確認などしたほうが良いだろう。特に往路はギリギリのタイミングだと間に合わない可能性もあり、余裕をみたスケジュールを組むこと。

コース

  • BRM212東京600 とことん沖縄 Start〜PC2まで