eTrex30xにRideWithGPSのGPXファイルをインポートするとルートが途切れてしまうときの対処法

RideWithGPSのルートがインポートできない

ルートラボの2020年3月終了を前にして、後継サービスはRideWithGPS(以下RWG)一択なわけで、それを見越して2019年下期のブルベからはRWGの本格運用を開始したところ、RWGからダウンロードしたGPXファイルがeTrex30xにうまくインポートできない、という事象が発生しました。

もう少し正確に表現すると、インポートはできるし、エラーも表示されないのですが、例えば200kmのルートを地図に表記すると、なぜか120kmまでしかルート表記されません。途切れてしまっているわけです。ファイルが壊れているのかと思ってEdge800で試すと200kmフルに認識されていて、???となります。

 距離制限なのか、と判断して、試しに120kmルートをインポートしてみると、今度は90kmまでしかルート表記されない、という事象が発生して泥沼化します。事実これが解決できず、BRM1026日置600の実走時には6つ近いGPXファイルを作るハメになってしまい、大変苦労しました。

 ルートラボが終了すると、eTrex30xが使えないという、風が吹けば桶屋が儲かる的な論理の飛躍で、どうにかならんのかと。そういうグチをツイートしていたら、聡明なフォロワーさんに以下のエントリーを教えていただきました。

解決に向けて

adias2014.exblog.jp

 原因はeTrex30xではGPXファイルに含まれるトラックポイントデータの読み込み上限が10,000であることでした。いったいなんだトラックポイントデータって。調べてみると、

トラックポイントは、属性値として緯度・経度が、子要素として標高やジオイド高,GPS受信状況・精度などが記録されます。

 https://qiita.com/ryoukom1216/items/a0db2262bda5170f726f

なるほどなるほど。

試しにRWGからBRM1026日置600のGPXファイルをダウンロードしてテキストエディタで展開してみると、、、56,000行ありました。

f:id:Shlike:20191130101027p:plainトラックポイントデータはこのような3行で構成されているみたいなので、約18,700トラックポイント。eTrex30xの上限は10,000ですから8,700はインポートできない、距離換算すると300kmちょっとまでしかインポートできない、ということになりますね。

eTrex30xに転送して試してみましょう。

f:id:Shlike:20191130102806j:plain

eTrex30x_コンバート前

おお、読み通り、308kmまでしか認識されていません。

ようはこれをうまく上限に収まるようにトラックポイントを削減できればeTrex30xでも読み込むことができるわけです。

ここからの手順は多足の草鞋様のサイトにも掲載されている内容と重複しますが、備忘録的に残しておきたいと思います。僕はMacなので多少手順なども違います。

手順
  1. トラックポイントの削減にはGaminの「BaseCamp」を使います。MacではAppストアからDLできます。このへんは普段どおりで。
  2. BaseCampにさきほどのGPXファイルをインポートします。ファイル→新しいリスト→適当なファイル名を入れて先にリストを作ります。インポート先のリストを指定しないとインポートがグレーアウトしたまま有効になりません。何気にハマりました。
  3. ファイル → 「リスト名」にインポート→インポートしたいGPXファイルを選択します。
  4. インポートするとこのようにルートが表記されます。いまPCとeTrex30xは接続していないのでGarminバイスは空欄になってます。

    f:id:Shlike:20191130103953p:plain

    日置600のルートをBaseCampに表示
  5. 地図上のルートをダブルクリックするとこのようにコース概要が表示されます。

    f:id:Shlike:20191130104412p:plain

    コース概要
  6. 先ほどと同じポイント数です。そしたら左下にある歯車アイコンをクリック→トラックのフィルタリングを選択します。最大ポイント数を9999にしてOK

    f:id:Shlike:20191130105121p:plain

  7. 一瞬でコンバートしてくれます。

    f:id:Shlike:20191130105309p:plain

  8. トラックポイント数が3583まで減っています。上限10,000を大幅に下回りました。両者を見比べてみます。確かにポイント数が少なくなったぶんカクカクしてますが、実用に問題はなさそうです。よし、これでインポートしてみます。「転送」→ルートを選択→デバイスに転送でOK
    f:id:Shlike:20191130105950p:plain
  9. おおお!eTrex30xでもフルルート表示できました!

f:id:Shlike:20191130102746j:plain

最後に 

eTrex30xを自転車用として使うには、このようにひと手間かかってしまいます。素直にEdge使えばいいんじゃん、と自分でも思います。しかし単三電池で駆動できるという安心感は何者にも代え難い利点だと思ってます。バッテリー切れを心配することがありません。国内であれば全国どこでも入手できますし、外部給電しなくて良いので天候を気にする必要がありません。GPS性能も正確です。

この方法が簡便で助かりました。回避方法があっても労力ハンパなければ実用できませんし・・・これでRWGに世代交代しても使っていけそうです。実走に耐えうるかは、Festive500で試走してみたいと思います!

最後に情報公開、共有いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

(DNF)BRM1026日置600メモ

九州縦断はできたものの、反省点も多くあるブルベだった。まずはざっと反省点を列挙。のちに整理。

  • 今回のルートのキモはPC2からPC3までの山間部。国道218号線、最大標高600m程度だが、アップダウンを繰り返すため獲得標高は3~4倍近い。
  • PC2到着15:37、ファミリーマート矢部店到着18:45、37㎞3時間8分、Ave11.9㎞/hかなりペースダウンしている。
  • ジョイフル高千穂宮崎店到着は21:25、FM矢部店より40㎞2時間30分、Ave16㎞/h 途中から下り基調になっているからか多少ペースが戻っている。
  • それ以外の平坦区間はAve20㎞/h以上、それほどペースは悪くない。ようは登坂区間に著しく時間がかかっている、ということがわかる。
  • 「遅い」には様々な要因がある。速度が遅い、休憩が多いあるいは長いなど。
  • 速度はそのままであっても休憩が短時間で済む、あるいは回数少なくて済むことができれば相当ペースはよくなるはずである。
  • 解決策としてはウェイトダウンして標準体重に戻し、ローラー、筋トレによる基礎体力アップするという原点回帰しなければならない。

BRM915群馬300 新津

これもまたひさしぶりの投稿。

前回エントリーのレビューは意外と参考になったので、今回も覚えているうちに書いてしまう。

  • コンパクトクランクと11-34Tの組み合わせは成功、だと思う。若干含みはあり、正解とは言えない。
  • もう少し人間自体も鍛えたい。
  • GVOLT70はよかった。知配光はVOLT700(現モデルではVOLT800)と比較するとかなりユニークなチューニングが施されているように思う。見ただけでは??だったが、実走すると悪くなかった。
  • ヘルメットライト、単3電池1本で駆動する簡易版を使ったが、すごいよかった。9月ともなるとグッと日が暮れるのが早くなる。コンパクトだから200でも必携アイテム。むしろ単3電池3本駆動は重すぎ不要。
  • 荷物多かった。サイクルジャージと着替えで充分。宿泊はコインランドリー使えるが、輪行直帰の場合はサイクルジャージとアンダーは必携。汗対策。